リオナ戦記 -遠巻きにしてチラ見するの章-
なんとなくオンラインゲーム「リネージュ2」のリオナサーバーを観察したり、好きなことを書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF
FF14新生のOBに当たって、少しですがプレイしてみました。

とりあえず、3、4時間というところでしょうか。
グラフィックはキレイです。しかもミドルクラスのPCで十分いけます。
ただなんていうか、キレイだけど、心を動かされるようなグラフィックじゃない。
ゲームそのものは今更感たっぷりです。何も目新しさを感じない。
ここ数年の3D系MMOって、初期プレイは判で押したように似たようなものですね。
それこそソーシャルゲーのカードゲームと一緒。
もう、MMOはシステムとしてこれが進化の終点なんでしょうかね。

ディアブロやUOをプレイした時の衝撃はもう味わえないのだろうか。

懐古厨な物言いですが、UOをプレイした時の新鮮さはすごかった。

キャラクターメイクをしてブリタニアにインした時の、放り出され感w
まじで異世界にいきなり飛ばされた物語の主人公状態。
何をしていいのか分からず、5分くらいログイン場所の旅館の中をうろうろしてたw
旅館を出て街中を歩くとそこかしこでキャラがうろちょろして、会話を交わしてたりして、ああ本当に他のプレイヤーが同時にログインしてプレイしてるんだなと感動を覚えたり。
ところが自分が最初に話しかけたキャラはNPCだったというオチw

町をでたらPKがいるという噂にびびって町から一歩でるのを躊躇したりw

豚に戦闘をしかけたら、死に掛けたりw

必死の思いで倒した動物から得た皮や肉を売ったら食事代にもならない安さで、これ無理ゲー?と絶望を覚えたりw

初めてPKに襲撃されて、心臓がとまるかと思うくらいびっくりしたりw

他のプレイヤーに話しかけて、道が開けたり。

当時はまともなクエストがなかった分、逆に制約もなく、プレイヤーに特定のプレイスタイルを結果として強いるような方向性も明示されず、それが新鮮でした。

もうMMOプレイヤーとして自分自身が新鮮でなくなったせいもあるのでしょう。そして上述のようなゲームスタイルが昨今のプレイヤーには支持されていないのでしょう。

終わりかなあ(自分の中では)。

もっと可能性がMMOにはあると思うのですが・・・


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
FC2 Blog Ranking
無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。