リオナ戦記 -遠巻きにしてチラ見するの章-
なんとなくオンラインゲーム「リネージュ2」のリオナサーバーを観察したり、好きなことを書いてます。
200608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200610
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルウン城大攻防戦
C5最初の戦争日はルウン城の初攻城戦が行われた。

個人傭兵をやっていたおおぷっさはPW同盟の依頼を受けてこの戦に参戦!前日にブラチラ一家を抜けて、同日戦争開始5分前にPW同盟にJOIN!
PW同盟はヘルプを組み入れて総勢150弱。特筆すべきはDMCのヘルプ参戦。FPK戦も今は昔w
戦争勢力として新たな局面を迎えているのだろうか。

2006092601.jpg

ルウン城の村北門に集結するPW軍。


WCが先手を打って城へ侵攻。様子を伺いながらPWも進軍。
2006092602.jpg



この後EATER軍も進軍してくる。後ろから来たEATER軍と最初の激突。これをなんなく撃退。

橋と橋の間の陣地設営ポイント南側に陣地を構築する。
2006092603.jpg


WCが先に侵攻したとあって、交感をとられるとも思われたが城内NPCの予想外の強さに撤退した模様。その間、PWは橋を進撃してくる他勢力を瞬砕。まさに鬼神の軍勢www



さしたる被害もなく敵を次々と屠っていく。これはなんのシューティングゲームですか?
おおぷっさはCP回復とHOPで味方を支援。Bill殿とのツートップで味方のHP減らさせません!!
そうそう、今回はナイトPTに編成されてたのですが、ナイトってやっぱり硬いんですねえ。某盟主の硬い事硬い事。まるで歩く要塞。結構突っ込んでいくんですが、死なないw 正直敵に回したら倒さず延々DRでもしといたほうがむしろ楽なんじゃないかと思いましたw

それはさておき、このまま撃退してるだけでは城は獲れない。このままオレTUEEEEEしてても意味なすw

というわけで意を決して刻印狙って全軍突撃指示が。
2006092604.jpg


陣地は放棄。
司令官の号令一下、全軍が進軍開始。おおぷっさは北側のスロープを登って内門を目指す。が!ここでEATER軍が追撃してきているとの情報が。
これにより最後尾がEATERに追撃をされつつ移動という状態になった模様。

内門前、ワイバーン広場にて兵力集結中。この後修羅場となるとは・・・。
2006092605.jpg



ワイバーンの広場にてEATERの追撃部隊と激しい交戦が展開される。なんとかEATER軍の撃退に成功したかに見えたPW軍だったが、両軍の激突の間隙をぬったWC軍が南側スロープより広場へ侵入。
腹背に攻撃を受けてPW軍はほぼ壊滅。でも挟撃状態の中かなり粘ったねw


PW軍、ルウン城の村北門に再集結となる。


2006092606.jpg

再集結中のヒトコマ。
コロスケ、警備員に追っかけられるの図w

WC軍が交感に成功。再刻印を狙ってPW軍再進撃。橋中間広場にあるWC軍の陣地排除。

が、ここでアクシデント発生。

橋中間広場北側に展開されていたWC軍陣地排除まではよかったが、一部兵士が勢いで北側にある中小勢力の陣地にまで攻撃、そこで戦闘がはじまり、結局全ての他勢力陣地を排除してしまう。

ある意味ここで今回のPWのルウン攻略戦は終わった。
全ての勢力を敵に回すことになってしまったPW、泥沼の混戦に。

2006092607.jpg

とりあえずEATER軍迎撃。これは苦もなく成功。


その後刻印部屋を目指し、突撃。


予想外の出来事!
2006092608.jpg

ちょwレイド出現!www無差別に兵士が殺戮されていく!


混戦の中刻印部屋を目指す。


内門をやぶり刻印部屋入り口まで到達するがWC軍の抵抗にあい、進めず。
2006092610.jpg



そして時間切れになり・・・

2006092609.jpg

無念!


今回は位置取りやタイミングが計らずもPWにとって不利に不利に回った戦だった。
もっとも常に2強を相手にしなければならない状況のなか、健闘したのではないだろうか。とりあえず戦闘力に関してはリオナ最強のPW。今後の活動が期待される。

個人的にはクレリティと十分なリチャをもらえたおおぷっさは後方支援でみなぎりまくりでしたw

次は勝てる!!


続く。


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
FC2 Blog Ranking
無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。