リオナ戦記 -遠巻きにしてチラ見するの章-
なんとなくオンラインゲーム「リネージュ2」のリオナサーバーを観察したり、好きなことを書いてます。
200606<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200608
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴダード防衛戦とインナ支援
ちょうど「運命の囁き」クエを行っている最中ということもあり、戦争へのウェイトはかなり軽かったゴダード防衛戦。

だが、ゴダード奪取後、最初の防衛ということで風林火山同盟にとっては重要な防衛戦であった。
以下、事情を正確には把握していない下っ端同盟員の視点での話。


クエを可能なところまで進めて、開戦後にゴダードへ到着。NESTPTに入れてもらう。
風林火山本体は昔日程の単体導入能力はなく、匿名系では叩かれまくりの大量支援を組み入れての編成。
PA、ルシファー、PW、EX等が支援についた。

ゴダードへの布告はWC。が、以前WCがEATERを支援してた経緯もあり(あくまで個人レベルらしいが)、対風林火山としてWC+EATER、場合によってはYggも?ということを懸念したのか、可能な限りの支援要請をした模様。

また、これだけではない。BR同盟が保有のインナも同時に布告を受けていた。VIP+DBである。
BR同盟は古くから風林火山に幾度も支援を行っており、親風林火山である。ゴダード城防衛が最優先事項ではあるが、インナを無視することもできない。二方面同時防衛を要求される状況だったと思われる。

EATERが主戦力をもし投入してきた場合、風林火山サイドの苦戦は必死とされていたので、戦闘は正門を中心として戦線を拡げずに戦力を集中する戦法をとる。

序盤の模様は不明。突撃してくるWCを門付近で撃退し続けた。

おいらはCP回復を連打。

門際の防衛はPAの活躍が光ってた気がする。
門外での狙撃合戦は当然というか、PWとルシファーが大活躍。

ゴダードはクリスタルを破壊されたりもしたが、危機感を覚えるシーンは一度もなかった。

そこでPWはオーレン攻撃側の支援へ。


だが、インナ陥落寸前との報が。ゴダード方面はEATERが集結しつつあるとの情報も入っており、これは厳しい状況か?と思われたがインアを見殺しにするわけにもいかず、上層部はEXを派遣した模様。


その後、やはりEATERがこちらにむかっているとの事で防衛軍に緊張が走る。
戦闘終了時間を見据えた(防衛側にとっては)いやらしいタイミングw
この辺の間の取り方は憎らしいぐらいにうまい。

が、監視員の報告よりもはるかに少ない戦力であったため、なんなく撃退。そのまま追撃して戦闘終了。

そしてEX突入成功でインナ防衛成功の報も入る。アルカディアが入ってEXは変わったよな。

こうしてゴダード、インナ両城の防衛に成功。



戦争は続く。


と、どこまで正しいのかは不明な勝手な内容です。


スポンサーサイト

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
FC2 Blog Ranking
無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。