リオナ戦記 -遠巻きにしてチラ見するの章-
なんとなくオンラインゲーム「リネージュ2」のリオナサーバーを観察したり、好きなことを書いてます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急襲オーレン城
我らがもみもみ帝国軍はVIP守るオーレン城を勝手に支援参加。
オーレン城を攻めるEATER軍を欺くために作戦は極秘裏に進められた(え?w)。もみもみ帝国レイドイベントと称して20:30にオーレン城の村に集結。その数180騎(え?)。EATER軍の背後を急襲すべく、まずはEATER軍の出方を伺いながらクリスタルにて観戦待機。

が、EATER軍来ず。外門前に布陣するVIP軍とEATER軍が激突してる背後を強襲しEATER軍を蹴散らす作戦だったが、なかなかEATER軍は現れず、このままじゃ幻の戦争デビューになっちゃうじゃん!みたいな空気が流れ、先に仕方なく出撃にすることに。


と思いつつ進軍を始めるとEATER軍も偶然か兵を動かしており、既に戦端が開かれた模様。

恒例のシャウト。
2006100901.jpg


空気の読めないおおぷっさ。また痛いシャウトw
”おまえは殺す”みたいなWISが来ないかと期待したのだが、全くもってスルーwうぇwwwうぇwww
相手は大人ですw

急いで向かうも既に防衛軍は半壊しており、おっつけ駆けつけた帝国軍も瞬殺。ちょwwwwww
予想はしていたがこれほどとは・・・と思うほどにあっけなく蹴散らされる。


おおぷっさも当然死亡。いやーなんかすげーEATER軍に囲まれてタコ殴りされてたwwww

最寄って再集結。

今度はEATER軍の陣地攻略。
城南側に構築された陣地を目指して外門前からライン戦を挑む。
最初は互角だったが、EATER軍が突撃を開始するとあっけなくラインは崩壊。兵力の差は明白だし、経験の差もいかんともしがたい。
それでもEATER軍の誇る近接職部隊を意識した戦い方をしようとしただけまだ見込みがあるかな?w

戦線が崩壊してMPもつきたので撤退。


オーレン城の村北口にて再集結。集結中にEATER軍をVIPが一時駆逐したとの報が流れる。が、これは誤報。既にEATER軍は刻印を成功させてたとこの事が分かり攻守逆転。最後の攻撃に備える。

残り20分を切り、外門に陣取るEATER軍に各陣営は総攻撃をしかけるも逆に撃退されEATER軍がそのまま占領成功。

オーレン城は陥落。VIP軍は城を失い。EATER軍が新城主に。

もみもみ帝国としては戦争勢力として名乗りをあげた攻城戦だったが、無念の微妙黒星。


ってもみもみ帝国の宣伝になってねええええええええっ!
これじゃEATERの宣伝じゃねえかっ!

というわけでもみもみ帝国は一から戦争勢力を作り上げていきたい新たなる勇者を募集しています!我こそは!と思うそこの貴方!!
もみもみ帝国にJOINだ!
割とラフな同盟なのでまずは気軽に体験からどうぞ!


あ、それと誤解があるといけないので敢えて書きますが、うち別に死ぬのを強制とかしてません!どういうわけか某ドミネイターがよく死ぬだけで他の盟員は普通ですよ!!

そして負けようが気にせず「続く」


↑参加してます。よろしかったらポチっとどうぞ。
スポンサーサイト
ルウン城大攻防戦
C5最初の戦争日はルウン城の初攻城戦が行われた。

個人傭兵をやっていたおおぷっさはPW同盟の依頼を受けてこの戦に参戦!前日にブラチラ一家を抜けて、同日戦争開始5分前にPW同盟にJOIN!
PW同盟はヘルプを組み入れて総勢150弱。特筆すべきはDMCのヘルプ参戦。FPK戦も今は昔w
戦争勢力として新たな局面を迎えているのだろうか。

2006092601.jpg

ルウン城の村北門に集結するPW軍。


WCが先手を打って城へ侵攻。様子を伺いながらPWも進軍。
2006092602.jpg



この後EATER軍も進軍してくる。後ろから来たEATER軍と最初の激突。これをなんなく撃退。

橋と橋の間の陣地設営ポイント南側に陣地を構築する。
2006092603.jpg


WCが先に侵攻したとあって、交感をとられるとも思われたが城内NPCの予想外の強さに撤退した模様。その間、PWは橋を進撃してくる他勢力を瞬砕。まさに鬼神の軍勢www



さしたる被害もなく敵を次々と屠っていく。これはなんのシューティングゲームですか?
おおぷっさはCP回復とHOPで味方を支援。Bill殿とのツートップで味方のHP減らさせません!!
そうそう、今回はナイトPTに編成されてたのですが、ナイトってやっぱり硬いんですねえ。某盟主の硬い事硬い事。まるで歩く要塞。結構突っ込んでいくんですが、死なないw 正直敵に回したら倒さず延々DRでもしといたほうがむしろ楽なんじゃないかと思いましたw

それはさておき、このまま撃退してるだけでは城は獲れない。このままオレTUEEEEEしてても意味なすw

というわけで意を決して刻印狙って全軍突撃指示が。
2006092604.jpg


陣地は放棄。
司令官の号令一下、全軍が進軍開始。おおぷっさは北側のスロープを登って内門を目指す。が!ここでEATER軍が追撃してきているとの情報が。
これにより最後尾がEATERに追撃をされつつ移動という状態になった模様。

内門前、ワイバーン広場にて兵力集結中。この後修羅場となるとは・・・。
2006092605.jpg



ワイバーンの広場にてEATERの追撃部隊と激しい交戦が展開される。なんとかEATER軍の撃退に成功したかに見えたPW軍だったが、両軍の激突の間隙をぬったWC軍が南側スロープより広場へ侵入。
腹背に攻撃を受けてPW軍はほぼ壊滅。でも挟撃状態の中かなり粘ったねw


PW軍、ルウン城の村北門に再集結となる。


2006092606.jpg

再集結中のヒトコマ。
コロスケ、警備員に追っかけられるの図w

WC軍が交感に成功。再刻印を狙ってPW軍再進撃。橋中間広場にあるWC軍の陣地排除。

が、ここでアクシデント発生。

橋中間広場北側に展開されていたWC軍陣地排除まではよかったが、一部兵士が勢いで北側にある中小勢力の陣地にまで攻撃、そこで戦闘がはじまり、結局全ての他勢力陣地を排除してしまう。

ある意味ここで今回のPWのルウン攻略戦は終わった。
全ての勢力を敵に回すことになってしまったPW、泥沼の混戦に。

2006092607.jpg

とりあえずEATER軍迎撃。これは苦もなく成功。


その後刻印部屋を目指し、突撃。


予想外の出来事!
2006092608.jpg

ちょwレイド出現!www無差別に兵士が殺戮されていく!


混戦の中刻印部屋を目指す。


内門をやぶり刻印部屋入り口まで到達するがWC軍の抵抗にあい、進めず。
2006092610.jpg



そして時間切れになり・・・

2006092609.jpg

無念!


今回は位置取りやタイミングが計らずもPWにとって不利に不利に回った戦だった。
もっとも常に2強を相手にしなければならない状況のなか、健闘したのではないだろうか。とりあえず戦闘力に関してはリオナ最強のPW。今後の活動が期待される。

個人的にはクレリティと十分なリチャをもらえたおおぷっさは後方支援でみなぎりまくりでしたw

次は勝てる!!


続く。


ゴダード防衛戦とインナ支援
ちょうど「運命の囁き」クエを行っている最中ということもあり、戦争へのウェイトはかなり軽かったゴダード防衛戦。

だが、ゴダード奪取後、最初の防衛ということで風林火山同盟にとっては重要な防衛戦であった。
以下、事情を正確には把握していない下っ端同盟員の視点での話。


クエを可能なところまで進めて、開戦後にゴダードへ到着。NESTPTに入れてもらう。
風林火山本体は昔日程の単体導入能力はなく、匿名系では叩かれまくりの大量支援を組み入れての編成。
PA、ルシファー、PW、EX等が支援についた。

ゴダードへの布告はWC。が、以前WCがEATERを支援してた経緯もあり(あくまで個人レベルらしいが)、対風林火山としてWC+EATER、場合によってはYggも?ということを懸念したのか、可能な限りの支援要請をした模様。

また、これだけではない。BR同盟が保有のインナも同時に布告を受けていた。VIP+DBである。
BR同盟は古くから風林火山に幾度も支援を行っており、親風林火山である。ゴダード城防衛が最優先事項ではあるが、インナを無視することもできない。二方面同時防衛を要求される状況だったと思われる。

EATERが主戦力をもし投入してきた場合、風林火山サイドの苦戦は必死とされていたので、戦闘は正門を中心として戦線を拡げずに戦力を集中する戦法をとる。

序盤の模様は不明。突撃してくるWCを門付近で撃退し続けた。

おいらはCP回復を連打。

門際の防衛はPAの活躍が光ってた気がする。
門外での狙撃合戦は当然というか、PWとルシファーが大活躍。

ゴダードはクリスタルを破壊されたりもしたが、危機感を覚えるシーンは一度もなかった。

そこでPWはオーレン攻撃側の支援へ。


だが、インナ陥落寸前との報が。ゴダード方面はEATERが集結しつつあるとの情報も入っており、これは厳しい状況か?と思われたがインアを見殺しにするわけにもいかず、上層部はEXを派遣した模様。


その後、やはりEATERがこちらにむかっているとの事で防衛軍に緊張が走る。
戦闘終了時間を見据えた(防衛側にとっては)いやらしいタイミングw
この辺の間の取り方は憎らしいぐらいにうまい。

が、監視員の報告よりもはるかに少ない戦力であったため、なんなく撃退。そのまま追撃して戦闘終了。

そしてEX突入成功でインナ防衛成功の報も入る。アルカディアが入ってEXは変わったよな。

こうしてゴダード、インナ両城の防衛に成功。



戦争は続く。


と、どこまで正しいのかは不明な勝手な内容です。


テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

ふごー
皇司殿が新たに釣堀に投入したエサ「傭兵」、皇司殿のブログで自身がちらっと期待した方向に議論がいかなかっともらしてたようですが、一体どんな議論の展開をのぞんでいたのでしょうか?
気になります!
まあ、ぴこぴこぽぺんなおいらにはさっぱり分かりませんが、個人的には今の傭兵って名乗ってる人達って本当に傭兵なの?みたいな気持ちがw
DB同盟の代表?が他人の金でドンパチしてるわけじゃねえ、むしろ持ち出しだ!みたいなことおっしゃってましたが、それじゃ傭兵じゃないじゃんと思わずツッコミたくなっちゃいました。
陣地代だけもらってあとは手弁当で依頼主を手伝うなんてむしろボランティアじゃない?とか思うんだけどw
傭兵クランじゃなくて戦争ボランティアクラン?

いえ、傭兵血盟って方がボランティア血盟よりタイトルとしてかっこいいもんね。ハードな世界観に生きてるって感じするもんね!

仲の良いヘルプクランだって余裕があれば依頼側は実費を渡したりするんだから、結局何がどう違うんだろ?まあ、単純に面識があるかないかの違い?

個人的には傭兵を雇う盟主や側近が「あそこは高いからなあ」「あそこ安いけどホント値段通りの仕事しかしねえ」
みたいな会話がなされるようになるともっと戦争してるって感じがでていいと思うんで、傭兵クランさんは「俺達金なんていらねえんだ」なんていわず、どんどん自分の値段を吊り上げて欲しいものです。
それでこそ傭兵クランだと思うんだけどねえ。

え?おいら?おいら狩りクラン所属でーす!うほほwwww
傭兵なんてハードな世界観にはついていけましぇーん!


続く

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

アデン戦
無邪気で面白いブログを目指していたら、生々しいブログと評されちょっと微妙なおおぷっさです。

さて先週末の出来事。

虎哉宗乙殿よりメールにて参戦依頼を受けイーター軍保有のアデン城攻略作戦に参加。

総兵力3(公称300人w)のもみもみ軍団を率いてアデン城をもみもみしちゃうぜえええええ!

ちなみに主な参戦勢力は以下の通り。

孤独な侍血盟盟主虎哉宗乙殿率いる野良傭兵混成軍団(以後、虎爺軍)
 DeepBlue、Luciferの両傭兵同盟
 のーたり庵血盟その他

風林火山、VIPSTAR同盟の二大同盟連立軍団(以後、風鈴VIP軍)
アヴァロンズもいたかな?

FellowsGarden同盟軍

MyDears同盟軍

CRがいたような・・・


城主同盟であるEATER同盟軍(以後、EATER軍)



我々もみもみ軍団は虎爺軍団に所属。
尚、各勢力関係に関しては今回積極的な情報収集を行っていないため、間違いがあるかもしれませんが、ご勘弁を。

総司令官の虎哉宗乙殿の名前を間違えてWisしてたため、連絡ができず、開戦後しばらくしてようやく間違いに気づいてあわてて再Wis。
既に集結中。うはw
まあ、所詮3人の勢力だし、そもそも虎爺殿も戦力としては期待してなかった感じだったのでのほほんと集結ぽいんとに向かう。
で、実はそこで自軍勢力がどこだかを知る。上記の通り、風林火山とVIPSTARとは今回は敵対だったのでちょっと焦る。

虎爺だからてっきり風林火山とVIPSTARが味方だと思ってたw
うはwなんとなくやりにくいw

個人的な心情はさておき、虎爺軍は集結時間そのものが開戦後であり、戦場への兵力展開も10:00過ぎてたと思う。
敵味方を識別する為にタイトルに「侍」をつけて、もみもみ3人は先に出陣。

戦場到着、出陣の名乗りをあげる。

「もみもみ軍団参上!!!敵はアデン城にあり!もみもみしちゃうぜええええ」

いうたら、いきなりヴァンダライズ殿に「ぱくられた!」言われる。orz

く、こんなことなら開戦と同時に出陣しとくんだったw

戦況はEATER軍が篭城を放棄した為、開始早々にどこかが交感し(この辺はあやふや)、その後の交感を狙って風林VIP軍が突入。交感に成功する。おおぷっさは猟師村に飛ばされる。

その後、奪われた城を取替返さんと城門前に展開するEATER軍。EATER軍は南から襲い掛かってくる風鈴VIP軍と交戦中。

というわけで

2006051002.jpg


そのままEATER軍の中核に突撃!デバフ発動!


が、ほぼかからず(;´д`)




お約束の展開。
2006051001.jpg



猟師村から復帰してすると虎爺軍は西側から進軍して西側に陣地を構築。
城門正面に展開する風鈴VIP軍と応戦。東にはEATER軍が展開。膠着状態になりかける。これ以上のこう着状態を危惧した虎爺は陣地を捨てて、一斉突撃、一気に交感部屋制圧のタイミングを計る。

東西から挟撃される形になっていた風鈴VIP軍は戦力を削られ、徐々に戦線維持が困難になっていく。

頃合いよしと見た虎爺からの指示
”陣地を捨て、全軍で突撃。西側に展開するEATER軍は無視して城内へ侵攻し、交感部屋を制圧する”

虎爺からの号令一過、全軍突撃。

これが成功。

虎爺軍は交感部屋を制圧し、交感を開始。

個人的にはこのタイミングが非常に危険だと思っていた。時間的にはもう一度交感を狙える時間だからだ。
何より、EATERを無視して進軍ということが気になっていた。EATERがここで兵力を温存してまたもや戦場外待機からの交感後の再突を狙ってくるのではないかと危惧していた。

交感が成功するとみたおおぷっさは間に合わないかもしれないが、戦場外へ退避すべく城門を目指す。途中で突入してきた風鈴VIP軍に遭遇。遅い。このタイミングで突入したら次の交感レース間に合わないぜ!

と思ったら交感完了。猟師村へ飛ばされる。

復帰して交感部屋を目指すおおぷっさ。
すると風鈴VIP軍、EATER軍などほぼ同時のタイミングで交感部屋へ向かう状況となる。何故同じタイミング?
どうやら第4勢力(どこだかさっぱりわからなかった)が先程EATERに交戦をしかけていた為、EATER軍は迅速な再突ができなかった模様。

結局交感部屋では3勢力のつぶしあいとなり、虎爺軍は防衛成功。

孤独な侍血盟が交感に成功。新しいアデン城城主血盟となった。
リオナ史上最も自前勢力をもたないアデン城主勢力の誕生である。

ぐへへ、うちらがついたおかげで勝ったわけですな(え?w)!!


今回のアデン戦、意外にも各攻城軍に共闘関係がほとんどない。勢力的には風鈴VIP軍、虎爺軍、EATER軍、あともうひとつCR?の4勢力が互いに牙を向き合う状況だったと思う。ただ当然のことながら最大の単一勢力であり城持ちであるEATER軍が各軍勢の最優先排除目標だったのはいうまでもない。

個人的にはうーん、ネタも冴えなかったし、勢力関係に誤算があって、なんとなく消化不良だったが、客観的には結構面白い戦だったと思う。


いずれにせよ再来週もお祭りの予感です。w

虎哉宗乙殿、おめでとう!



続く

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
FC2 Blog Ranking
無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。