リオナ戦記 -遠巻きにしてチラ見するの章-
なんとなくオンラインゲーム「リネージュ2」のリオナサーバーを観察したり、好きなことを書いてます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復活じゃああああ!
ぐへへ
スポンサーサイト
UNION解体へ
3月1日にT9氏(CarpeDiem同盟 所属 DestinyWeavers血盟 盟主)よりUNIONの解体が宣言された。

UNION成立より2年以上の月日が流れたが、敵対勢力である黙殺の実質的消滅、Gesの大幅な活動縮小、仕様変更による実質的なFPKによる脅迫の無力化など実態がもはや抗争とは言えなくなっている状況を踏まえての実質的な勝利宣言と言える。また、非UN系一般大手の自由PT解禁が決定的となり、実質的に抗争以前の野良PT形態に戻っており、野良PTにおけるUNIONという名称による仕切りが、意味を成さなくなっている事も今回の宣言の理由であると思われる。

ただ、VIOLET同盟と終戦交渉等は行われておらず、対立的構造は縮小化したとはいえ存続する。
旧UNIONをはじめとする自由PT参加勢力としては今後、VIOLET同盟は従来の一般的な無差別PK及び迷惑行為プレイヤーと認識し、対応する方向。
一方のVIOLET同盟(実質的にはGestalt血盟)からはこの宣言に対する正式な反応はない。

尚、T9氏によればUNION所属の主要同盟からはこの件に関する同意は得ているとの事で、公式な宣言と解釈される。


個人的な感想を言えば、うまく和解をしてもらえればなあと思ってたんですが、Gesにはもうそんな交渉のできる人材はいないみたいですし、かつてのPK連中のようにいつの間にか消えていたという流れになるのでしょうね。
そして自由のからか、一般からか、また同じような連中が台頭してきて、という事をまた長いスパンで繰り返すのでしょうか。
それでも、とりあえず一区切りといったところでしょうか。もっとも登場勢力の比率は大幅にかわりつつも、同じ構造は続くわけですが。
ナウシカ、クローザー
リアルな世界の方は何かと騒がしいですね。国内では口蹄疫、普天間、仕分け等等、国外では沈没艦問題など、相変わらずルーピーは何も考えず軽はずみな発言ばかり(特に外交がらみで)。このバカどうにかしろよと本気で思いますわ。


一方おいらは週末に久々に「風の谷のナウシカ」の漫画を読破し、4月にレンタル開始となった米犯罪捜査モノドラマ「クローザー シーズン4」をDVDで鑑賞しました。

クローザーは女主人公の捜査官が容疑者を尋問して自白を引き出すという展開で、映像的には非常に地味ながら良く練られたシナリオと出演者の迫真の演技で非常に上質なドラマに仕上がっています。地味であるがゆえに作品の質に比べていまひとつ、日本では注目されていませんが、おすすめなドラマです。一話完結方式なので途切れ途切れでて見てもほぼ問題なし。
この尋問のテクニックってのは交渉において参考になるような気がしなくもない感じです。


風の谷のナウシカは宮崎駿が若かりし頃(といっても3、40代ですが)に描いた作品で、彼が描いた唯一?の長編漫画で、傑作と言える作品です。これだけの漫画作品を漫画家ではなくアニメ屋が描いたってのがすごいですね。ちなみに劇場アニメ版はこの原作の序盤を切り取り、劇場用につくりかえたものです。漫画版はより戦争というものを描いており、より深く、苦悩に満ち、そして感動します。
一々登場人物が小憎らしいくらいにかっこいいですね。クシャナとかね。ユパ様なんて無茶苦茶かっこいいですよ。映画でもかっこよかったですけど、最終巻とかねもう、感動しますよ。
あと言うまでもなくナウシカ。この人だけがちょっとファンタジーじみた感じが強いのですが、でも彼女に感化されていくまわりの人の描写が素晴らしい。



そういえば仮想世界はどうなっているのでしょうか?状況は余り変っていないようですが、UN側から興味深いブログがいくつか更新されていますね。リオナクエストはどうなるのでしょうか?
相手を卑下するだけでは何も変りません。ますます依怙地になっていくだけでしょう。既に何を言っても心を閉ざしてしまって一切が届いていない状況なのかもしれません。
心を開かせ、そろそろ我に返らせる事が重要な時期なのではないでしょうか。

プライドの高いバカにおまえはバカだから言う事を聞けと言ったところで相手が聞くわけもなく。
ああ、例えですからね。


そういえば、昔おいらもほんの少しですが、FPK抗争の当事者になっていた事がありましてね。今の抗争を1/100くらいに縮小した感じのです。
本当にどうでもいいような事がキッカケで始まったのですが、売られたので買いましょうみたいな感じです。
相手が1PTもいない連中だったので簡単に封じ込めたのですが、だから終わりってわけじゃない。続けようと思えば、いくらでも続くんです。お互いが終わりと認識しない限り。
んで、お互いの親分が世間的にはバカだと言われながらも普通の感性を持ってる人間だったので、終わりの見えない抗争を、タイマンで決着つけようってな話しになって公衆の面前で決闘し、終わらせる事ができました。
世間的にはぬるいとか言われてましたが、2年も3年もくだらない意地の張り合いでボロボロになって仲間が抜けていく不毛な争いに比べればよっぽど上等で立派な終わらせ方だと今でも思っています。

2、3年も抗争を続けるのは全くエラくもすごくもないんです。ただ一言、「愚か」なだけなんです。

仲間が間違っていたら、かばうのではなく、間違っていると指摘してやれるのが仲間なんです。


・・・ちょっとナウシカの影響を受けているようだ・・・。
ギラスポ ツール使用疑惑
リオナサミットお疲れ様でした。12時でおいら落ちてしまったんですけど、その後もなんか討論とかあったんすかね?って思ってたりする今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?

アーカイル氏のツール使用証拠画像は何を語っているのか?

リオナサミットの会議中にポロリとでたツール使用疑惑(注1)。黙殺同盟のアーカイル氏が、「黙殺ばかりが不正使用者集団扱いされているけど、UNIONはどうなの?」と自身の友人であるという業者プレイヤーにして(不正)ツール使いのasakuraなるキャラから受け取ったUNION所属プレイヤーのツール使用証拠画像を握っているとほのめかした事が発端であった。
アーカイル氏によると、
①ツール使いは他のツール使いが分かる。
②業者プレイヤーであるasakuraがツールを使って他の不正ツールユーザーが確認できる証拠画像を持っている。
③そしてasakuraがその証拠画像をアーカイル氏に渡した。
④その証拠画像でWC所属プレイヤーがツール使いである事がわかる。
⑤その証拠画像を見せたいんだけど、どうしようかなあ。

これに対してはUNION側からも公開すべきだとの声があがった。
その場ではアーカイル氏は公開するとは言わず、UNIONに不信感を与えるための印象工作としかとられなかった。
しかし翌日、アーカイル氏のブログにおいて、証拠画像なるものが公開された。

しかし、そこにはWC所属キャラの名はなく、メフィ血盟所属キャラのツール使用疑惑画像が公開されていた。
ここで色々な疑問が沸いてしまったんですが、
①まず「白鉄菊」なるキャラクターをおいらは知らないんだけど、どういう素性のキャラ?これがWC所属キャラなんですか?○○○○とはWCの人?
それとも画像通りのメフィのキャラ?
②2枚目のSSには白鉄菊のキャラに血盟戦マーク(ゲンコツマーク)がでているんだけど、このSSはasakuraが撮った画像ですよね?メフィ側は黙殺としか血盟戦状態にないと言ってるんですが、そうなるとこのSSは黙殺にいたキャラじゃなければ撮れないと思うんですが、どういうこと?


※上記疑問は、ツールが実在するのか?、SSが偽造ではないのか?という基本的名疑問は無しにした上での疑問なんですがね。
ツールが実在するならそれ使ってNCも不正利用者を排除すればいいと思うのですが、どうなんでしょうか?
一般には容易に入手できない業者専用のツールなんですかね?
探してみるかなー。入手可能なら入手してみようか。


上記①②の疑問にアーカイル氏は答えてくれるのだろうか?多分この記事見てるだろうけど。
ってかWCキャラーの証拠画像を何故出さないのかな?時間が経てばたつほど、偽造する時間が必要だったと思われちゃうだけだと思うのだけど。
白鉄菊がWCキャラだったとしたらごめんなさい。
でもせっかくサミットにでてまで潔く自身の立場を語ったんだから、これもスパッとやった方がいいんじゃないですかね?これじゃ、工作めいた事をする暗い集団だなとしか思われなくなっちゃいますよ!


一方でメフィはどうなんですかね?白鉄菊が不正ツール使用者であるという指摘について、あくまでアーカイル氏の工作と主張するのかな?そもそもメフィはかなり微妙な立場でUNIONに参加してきたわけで、おいらがメフィならば毅然とした態度で事を明らかにすべく、まずは動きますが。
理念を謳っていて、それに反する何かが出たときは庇うのではなく、事を明らかにし、適切に対処する事。



ま、規約違反なんて、運営が判断すべきものであって、ぶっちゃけどうでもいいんですがね。





注1)ここでいうツールとは不正な機能があるとい言われているリネ2用の不正ツールです。噂では超望遠機能や、チャット覗き見、自動操作機能などがあると言われているリネージュ2の規約に違反するリネ2プレイ支援ツールです。
使用が明らかになればアカウント削除などの厳しい処置が課せられますので使ってはいけません。
リオナトップ血盟一覧
リオナ上位クランの一覧。(クラン名、所属キャラ数、盟主)

LV8

Gestalt 138 Riena
けろけろ本舗 137 ナイアス

リオナでは現在上記2血盟のみ。装備、動員兵力、廃人度で他勢力を圧倒し、組織力に優れている。
Gestaltは現在SGL同盟とFPK抗争を継続中。単独でのバイウムレイド開催能力を持つ。抗争中の為表舞台には出てこないが実質的にリオナ最強の地位にあると見られる。
けろけろ本舗は現在リオナ戦争勢力のトップに君臨するWC同盟の中核クラン。超絶廃血盟NESTを吸収し、その戦闘力は血盟単体で中小同盟を凌駕する。


LV7

AEGISofEATER 94 たわら
Avalons 100 はーと
CE 37 際ビリ
Executive 110 しずちゃん
HeavensDoor 119 naoto1
HystericMini 82 kenta127
MephistPheles 85 三枚刃
PHRENO 110 デイジィ
TESTAMENT 97 オオツキケンヂ
VortexSpiral 101 Moriah
うへへ団 82 tohju
シャバダバダ 110 黒紅
権力の天秤 50 灰色の魔女カーラ
生殺与奪 90 裕次郎
聖戦 92 吉祥天
刹那の華 124 三葉

LV7血盟は現リオナ情勢をつくりあげている主な血盟が含まれる。多くは戦争血盟の主力クランであり、安定した動員兵力と優れた装備を持ち、廃人度も非常に高い。
Festivalはその所属全3血盟がこのLVに属し、彼らが安定した実力と動員兵力を持つことが分かる。
CEはCrystalEarth血盟と混同されるが全くの別物。業者血盟との噂も。
旧BH同盟の3血盟も全てこのLVに属しており、大手の一角に食い込んでいたことが明らかである。
Tri同盟の主力2血盟もこのLVに属している。中でも刹那の華は人員数で頭一つ抜けており、3番目のLV8血盟の最有力候補と思われる。
現在長期抗争中のSGLの2血盟も共にLV7。
FPK系で有名な生殺与奪も弱小害系クラン人員を吸収し、一時弱体化を叫ばれながらも勢力維持している。
狩り系クランとしては唯一?のLV7なのが権力の天秤。但しLV7化に伴い戦争参戦を表明している。
TESTAMENTは中小系戦争勢力としては数少ないLV7。

LV6

・SAVAGE・ 61 飲兵衛
AbsoluteSoul 69 xavi
BastokDragoons 79 アンスラー
BLITZ 84 イシ
BOWMORE 64 エクボ王子
CrystalShine 69 箒
CrystalEarth 92 白狼
DeathLimit 79 死龍
DeprivesOfCastle 57 ぽんせ
DimensionZero 56 鋼鉄のトラウマ
DropOut 58 鳥男
Elysion 58 かーるのゲロ
ESPOIR 56 シゲ
ForestBreeze 70 ナシュタカ
GreenRoom 65 ヒッツ
HomeMade 58 POCORE
ILLuMiNaTi 61 ーー
KaleidoScope 72 楓姫
KindredSpirits 68 フィリナ
LittleWish 80 霧風そあら
MakeyFace 73 華斗栖
MATRIX 71 陸戦型ナイト
NeoSunrise 68 めんたいマヨ
Revelation 73 フェンリイ
StarLight 61 K・マサ
storrysnow 71 澄みの
StreamWave 61 Thinkarbell
ThirdEye 93 Laylly
TSUNAMI 95 Graywolf
UnlimitedRain 82 T9
Untouchable 70 Snadel
アデン学園初等部 61 豆腐プリン
オークメイジの里 56 魔茶器
おんせんたまご 76 ちびすけ
ごっ 57 ぷりけつ
ドワッ娘club 70 亮一ドットコム
ナイトメア 89 トールリッテ
ペナポルタ騎士団 67 ジンム
ホワイト 62 kumikumi
まったり庵 63 ユウラ
闇夜の眷属 67 コパ
牙 56 バンガード
熊GO郎 94 キュオ
神楽綜合警備 57 菊島ゆか
兎団 88 ウッサ
夢幻夜 68 魔沙夜
力の解放 91 シャークス

LV6血盟クラスになると狩りクラン、戦争クランが混在する。狩りクランとしてのこのクラスはまったりといいながらも廃クラスの狩り血盟である事が多い。
戦争クランは大手の3席目のクラン、古豪クラン、中小同盟の主力クランに大きく分けられる。
尚、このクラスは複数キャラを在籍させてる場合が多いので人員数=動員兵力にならないので注意。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
FC2 Blog Ranking
無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。